井上耕志がこれまでの3期12年間、力を入れて進めてきた取り組み

地域にお住いの皆様からお寄せいただいた、日常的に生活しているうえでの不便な点、不都合と感じられている事柄に関して、調布市にさまざまな政策提案を行ってまいりました。
特に重点的に取り組んできた内容をご紹介いたします。


子育て・教育関連
  • 保育園待機児童問題の早期解消
  • 認証保育所と認可保育園の保育料負担の均衡をはかる制度の拡充
  • 学童クラブをはじめとした子育て関連施設の更なる充実
  • 子どもたちのアレルギーを理解し、食の安全を守る取り組みの実施
  • 子どもの貧困対策としての学習支援の実施
  • 子どもの虐待を市として絶対に起こさない見守り態勢の強化
  • 老朽化が激しい教育施設の早期改修の実施
福祉・健康施策
  • 公正で不公平感を与えない生活保護制度の運営
  • 特別養護老人ホームの整備拡充
  • 心の病気に対するサポート体制の充実
  • 特定不妊治療に対する調布市独自の助成制度の実現
  • 高齢者住宅の家具転倒防止器具取り付けへの支援
  • 障害者が歳をとっても安心して暮らし続けられる経済的支援および住宅の整備
まちづくり・市政経営
  • 定年退職された方々が地域で輝いて活動ができる環境の整備
  • 駅前の駐輪場対策強化
  • 自転車の安全運転啓発活動の実施
  • 財源確保の観点からの公金預金の適正な管理運用
  • 多様な人財が市政運営にかかわれる制度の充実
危機管理対策
  • 災害時に避難場所となる学校等教育施設のバリアフリー化の早期実現
  • 防災備蓄品倉庫の充実と備蓄品の的確な管理
  • 市内各種団体や他自治体との災害時相互協定の締結
  • 災害時に障害者・高齢者でも的確に受けることができる情報伝達手段の確保・充実

ページトップへ